2022.9.1 プログラム紹介を公開しました

日本航空株式会社

地域の豊かな自然や住民との交流を楽しみながら、

地域のお手伝いをする「JALワーキングホリデー」。

参加者も地域も笑顔になれる未来を目指す。

事業の概要

本事業では受入地域側の多様な人材ニーズを調査・把握した上で、それにマッチした人材派遣を行い、事業終了後には、地域側が主体的、自発的に取り組むような自走可能且つ持続可能な、人材マッチングビジネスの構築を目指しています。

地域の役に立ちたがっている人材に地域へ入ってもらい、農業の手伝いや課題解決を支援するために「労働力」や「ノウハウ」の提供をしながら地域の自然資源、景観、住民との交流を楽しんで頂きたいと考え、事業タイトルを「JALふるさとワーキングホリデー」としています。

〇事業Webサイト https://japan.jal.co.jp/workingholiday_monitor/

〇事業者インタビュー

日本航空株式会社

開催予定地域

日本航空株式会社
  1. 岩手県遠野市①
    研修時期:8月22日~9月4日
  2. 岩手県遠野市②
    研修時期:8月22日~8月26日
  3. 岩手県八幡平市
    研修時期:1月
  4. 鹿児島県奄美大島大和村
    研修時期:2月
  5. 秋田県藤里町
    研修時期:2月~3月

アピールポイント

第一弾となる岩手県遠野市のモデル事業では最終的に自走可能且つ持続可能な、人材マッチングビジネスの構築を目指すため、地域に必要とされる人材が地域に移動し滞在する際に発生する費用を地域側が負担する仕組みを作り上げました。

地域が支払える労働対価(金銭報酬)で賄えない費用は参加者にご負担頂く形になっていますが、金銭以外の価値(地域体験、農業研修の学びなど)を欲する人材に参加いただきたいと考えています。

事業スケジュール

第一弾として8~9月に岩手県遠野市にてモデル事業を実施します。

また、冬季から来年にかけて他地域への人材派遣を検討中です。

参加条件はその都度、地域ニーズや地域の支払う対価によって変わる可能性があります。募集概要が決定しましたら、改めてご案内をさせていただきます。

日本航空株式会社
Share
Share